広告 SHOES

【パラディウム / パンパ】特徴やサイズ感、履き心地など徹底解説レビュー。丈夫で快適性・耐久性のあるキャンバスシューズ。

パラディウム / パンパ

こんな人におすすめ

  • タフで丈夫なシューズを探している
  • カジュアルで履き心地がいい靴が欲しい
  • シューズはクラシックなタイプが好き
トーイ

今回は丈夫で快適な履き心地のシューズ「パラディウム / パンパ」をご紹介します!

こんにちは!管理人のトーイです。みなさん、自分のワードローブに「丈夫な靴」って入っているでしょうか?

僕はアウトドアやDIYが好きなので、必ず入っているのですが、ブーツだと重すぎるし、もっとカジュアルで使いやすい丈夫な靴が欲しいな、という時があります。でも探すと意外とみつからなかったりするんですよね。。

今回は、そんな方にぴったりの丈夫で快適な履き心地のシューズ「パラディウム / パンパ」をご紹介します!アウトドアでの使用はもちろんですが、タウンユースとしても優秀なカジュアルなキャンバス生地のシューズです。
 
特に『タフで丈夫なシューズを探している』『カジュアルで履き心地がいい靴が欲しい』『シューズはクラシックなタイプが好き』という方にオススメできるアイテムだと思います。
 
それでは、「パラディウム / パンパ」のあれこれをご紹介していきましょう!参考にしていただければうれしいです!

パラディウムってどんなブランド?

パラディウム

PALLADIUM

パラディウムは、もともと航空機タイヤ分野でで成功を収めていたのですが、1947年ごろからゴムとキャンバスの専門知識を活かして頑丈なキャンバスブーツの製造をスタートしました。

ブランドのアイコン的存在「Pampa(パンパ)」シリーズの原型は、フランス軍からの依頼を受けて誕生しましたということです。PALLADIUMブーツの快適性・耐久性は荒々しいことで伝説的なフランスの外国人部隊に大反響を呼び、現在では多感なファッショニスタ達にも愛用されています。

パラディウム / パンパの特徴あれこれ

カジュアルな雰囲気ながらも、アウトドアや野外フェスでもでも問題なく使えるパラディウム / パンパですが、その特徴をいくつかご紹介します。よければ参考にしてくださいね。

タフな状況でも使える耐久性

パラディウム / パンパ

出典:Amazon

パラディウム / パンパは、荒々しいことで伝説的なフランスの外国人部隊にも大反響を得るぐらいの、タフな状況でも使える快適性・耐久性が大きな特徴です。アッパーには20オンスのコットンキャンバス、ライニングはコットンツイルを採用していて、一般的なスニーカーと比べて、かなり丈夫な作りになっていますね。

その分、通常のスニーカーと比べてやや重さがあり、履きはじめは少しごわつきを感じるかもしれませんが、慣れてくると自分の足に馴染んで、長時間履き続けても疲れないようになりますよ。

現代にアップデートされた履き心地

パラディウム / パンパ

出典:Amazon

パラディウム / パンパは、現代にアップデートされた履き心地も大きな特徴です。現在リリースされている「オリジナーレ」は、インソールにパラシュートのソフトなランディング(着地)をイメージさせるようなクッション性に優れた「PARADROP」インソールを採用しでいます。見た目はクラシカルながらも機能はアップデートしていますね。

僕はアップデートされる前のものを履いていたことがあるのですが、履き心地はオールスターのようにクッションが少なく、長時間履いていると疲れてくることがありました。なので、インソールがアップデートされた今のパンパは本当に嬉しいですね。

クラシックながらも新しさあるデザイン

パラディウム / パンパ

出典:Amazon

パラディウム / パンパは、クラシックながらも新しさあるデザインも見逃せません。キャンバス時を使ったブーツタイプのシューズというのは、当時はとても目新しかったと思うのですが、時を経てクラシックな趣になったというのが面白いと思います。

アウトドアシーンや野外フェスでの使用はもちろんですが、タウンユースで使ってもスタイリッシュに着こなすことができると思いますよ。まさに「街でも外でも楽しめる」アイテムです!

トーイ

現在販売されているパンパは、70周年記念 復刻モデルで、角ロゴ(現在は丸ロゴ)をシュータンに使用しています。

スペックや価格について

スペック

パラディウム / パンパ は、いろいろな種類がリリースされていますが、ここではハイカットタイプの「ハイ オリジナーレ」のスペックや価格の情報をご紹介しますね(2024年7月5日現在)。

価格12,000円前後
素材アッパー:コットンキャンバス アウトソール:ラバー
生産国ベトナム

注:2024年7月5日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は12,000円前後

パラディウム / パンパ ハイ オリジナーレは、12,000円前後で販売されているようです(2024年7月5日情報)。価格帯としては、妥当なのではないでしょうか。通販サイトによってはモデルチェンジ前で格安のセール価格で販売されていることもあるので要チェックです。

アッパーには20オンスのコットンキャンバスを使用

パラディウム / パンパ ハイ オリジナーレは、アッパーには20オンスのコットンキャンバス、ライニングはコットンツイルを採用しています。丈夫でありながらも、快適な履き心地が特徴ですね。とはいえ、かなり丈夫な作りになっているので、履きはじめは少し硬さを感じるかもしれません。すぐになれると思うので、じっくり付き合っていきましょう。

サイズ感について

サイズについて

サイズはやや細めのフィッティング感。ワンサイズ上がおすすめ

パラディウム / パンパ は、やや細めのフィッティング感になっています。足の形によっては、やや痛く感じるかもしれません。その場合はワンサイズアップをおすすめします。サイズ感の目安としては、ブーツはつま先ジャストで合わせるのではなく、1〜2センチ余裕を持たせて選ぶようにしてください。ブーツは素材に硬さがあることが多いため、ジャストサイズだとどうしても痛くなってくるので要注意です。

参考: 通常27cmで27.5cmを選択

僕は通常27cmくらいの足のサイズなのですが、パラディウム / パンパは28cmを選んでいます。サイズ感はやや余裕があるという感じですが、素材感などのことも考えてワンサイズ上のものを選んでいます。歩いていても痛みはなく、快適な履き心地でこのサイズ感で良かったと感じています

使用した感想、評判やスタイリングについて

パラディウム / パンパ

購入した経緯や使用歴

パラディウム / パンパは、最初は大学生の頃に買ったと記憶しています。現在復刻されたバージョンは、クッション性に優れた「PARADROP」インソールを採用していますが、当時はなかったと思います。なので、履き心地はオールスターのような通常のキャンバススニーカーのように、正直なところあまりよくなかったですね。

ただ当時はキャンバス生地のブーツというのが目新しかったこともあって、ジーンズと合わせてよく履いていました。主にタウンユースでカジュアルに履いていましたね。懐かしいです。

使用してみた感想、評判

パラディウム / パンパは、とにかく丈夫!ですね。一目見てPALLADIUMと分かる特徴的な形状のアウトソールが特徴で、ちょっとした水たまりでも大丈夫です。僕が使っているのは、キャンバス生地のハイカットタイプで完全防水ではないですが、しっかりと防水性があるタイプも販売されています。

スタイリングについて

僕はもっぱらデニムかワーク系ボトムにあわせています。アウトドアシーンやDIY作業をするときなどによく使いますね。アクティブにガシガシ使うのがよく似合うシューズだと思います。またハイカットタイプなら、ショートパンツと合わせてもいいかもしれませんね。カジュアルながらもハードな雰囲気がプラスされて、アクセントがついたスタイリングが楽しめますよ。

トーイ

パラディウム / パンパは、キャンバス生地の場合は、経年変化による素材の味が出せるというのも楽しいですね。

購入時のチェックポイント

購入時のチェックポイント

パラディウム / パンパを購入する時には、以下のポイントをチェックするといいと思います。

ここをチェック!

  • やや細身なのでサイズ感に気をつける。
  • アウトソールがやや硬いのでフィッティング時に歩いてチェック
  • 実際に使うソックスでフィッティングする

といったところでしょうか。よければ参考にしてみてくださいね。

記事のまとめ

パラディウム / パンパ

パラディウム / パンパについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • タフな状況でも使える耐久性
  • 現代にアップデートされた履き心地
  • クラシックながらも新しさあるデザイン
  • やや細身のフィッティング感

ということでしょうか。

パラディウム / パンパは、クラシックな佇まいがなんとも愛らしいシューズですね。僕は20代の頃によく履いていたので、特に思い入れのある一足です。

最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!

トーイ

パンパはハイカット、ローカット、素材違いなどいろいろなシリーズがあります。是非お気に入りを探してみてくださいね。

-SHOES
-